官能小説

Thumbnail of post image 062

濡れた花は夜のなごり (悦文庫)

わたし、悪い女になってしまいます

心までひとつになれる
運命の女性との再会。

快楽の嵐が吹き荒れて、
頭のなかが熱く燃えあがり―