溢れて (双葉文庫)

官能小説

心に潜む欲望。狂おしいほどの恋情。

伝えきれぬ思い。己が内に巣喰い、
決して露わにできぬその感情が、
ふとしたことをきっかけに溢れだす。

そして、男と女は、お互いを貪るように求め合う

--官能小説の第一線で活躍する
著者5名による珠玉の書き下ろし
官能アンソロジー。


コメント

タイトルとURLをコピーしました