濡れた花は夜のなごり (悦文庫) Kindle版

9月 14, 2021

濡れた花は夜のなごり (悦文庫)




わたし、悪い女になってしまいます



心までひとつになれる
運命の女性との再会。



快楽の嵐が吹き荒れて、
頭のなかが熱く燃えあがり――




敬史郎は支店を立て直すため
旭川に単身赴任をしている。



妻からは離婚を切り出され、
支店の業績もあがらず
鬱々とした日々を送っていた。



そんなある日、
会社の親睦会で支店長の
家を訪れることに。



出迎えてくれたのは
上司の妻・朝香。



彼女はかつて秘書課にいた
マドンナで、敬史郎も憧れていた。



親睦会中、夫に叱責され
キッチンでむせび泣く朝香を見て、
背後からさりげなく声をかけると、



彼女は濡れた瞳で振り返った。



昂る気持ちを抑えられずに
激情のまま抱きしめ、
いきなり唇を重ね……。




【目次】
第一章 会議室の秘めごと
第二章 夜のオフィスで
第三章 自宅で寝取って
第四章 刻まれた想い
第五章 溶け合う心




楽天売れすぎ商品

官能小説

Posted by takashi